スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中高年の嬉し恥ずかしⅠ

2007.10.12(Fri)

『社会生活』 Comment(0)Trackback(0)
 私達の教会では、聖書に「先生と呼ばれてはならない」と書いてあるので、相手が目上の人でも、立場のある人でも、先生と呼びもしないし、呼ばれもしないのが通例だ。しかし、つい最近、こんな私でも何と「先生!」と呼ばれてしまった。先方は何の抵抗もなく、極めて自然に呼んで下さるので誠に恐縮ではあるのだが、意を決して「先生と呼ばないで下さい」とお願いした。しかし、次の日も「先生!」と呼ばれてしまったが、私には再度、注意する気力がなかった。もっとしっかりお願いするべきだったと思った。厄介なのは、先生と呼ばれる事自体は、決して気分の悪いものではないという事だ。「先生」と呼ばれて”こちょばゆい"思いがしている内はまだ良い。しかし、これを放っておくと、知らず知らずのうちに、それが当たり前になり、そう呼ばれないと気分を害するようになって行くのではないかと思うのである。「先生」と呼ばれて良いのは本当の学校の先生とお医者さんだけだと思う。ちなみに「政治家の先生」もいただけないと思う。 私達は、人間が誰でも深い所に持っている罪の本質を見逃さないようにしたいものである。(E)
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://tlcssbch.blog103.fc2.com/tb.php/35-f2b04e7b

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2017 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。