スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他人の痛み

2010.05.01(Sat)

『家庭生活』 Comment(0)Trackback(0)
今日は仕事で木材(荒削り材)を扱った。左手親指の付け根辺りが何かに触る度にちくちく痛い。帰宅してからも続いた。夕飯後に妻に打ち明けた。妻は「どらどらっ、お母さんが抜いてやるけん!」と妙に嬉しそうだ。何だか危険な予感がした。まずは私の掌を抑えて患部周辺の肉を寄せて集めて盛り上げて棘の最後尾を探し始めた。大まかに見当をつけて爪の先でアバウトにねずんだ。「何すっとかぁ!痛かやっか!」私はもうちょっと優しく出来ないものかと呟いた。妻はさらに生き生きした表情で「そうそうピンセットがあったよねぇ!」と再度、荒々しく挑戦。私には見えない棘の先端が妻には判るようだ。祈るような気持ちで見守った。「あがっあがっ!」と呻いた瞬間、棘は抜かれた。痛みが引いた。意気揚々とした表情に意外な一面を見たような気がした。目に見えないような棘で大騒ぎしてしまったお父さん。手に鉄のくさびを突き刺されたイエス様の痛みに比べれば、無きに等しい痛みであった。イエス様、感謝します。(E)
スポンサーサイト
トラックバックURL

http://tlcssbch.blog103.fc2.com/tb.php/223-b7943878

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2017 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。