スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

特別賛美

2012.01.30(Mon)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
昨夜から2月1日の夜まで、
神のしもべ長崎教会で行われている
断食祈祷聖会に部分参加して、先ほど帰宅した。

初めて、教会に泊まらせて頂き、今朝は早天礼拝、
月曜礼拝、そして午後からの3回の祈祷会に出席した。

月曜礼拝では、急遽夫婦で特別賛美をさせて頂いた。
失敗もあり、多くの学びがあった。
とても貴重な時間を過ごさせて頂きました。
主に感謝します。

IMGP2076 (120x90)
スポンサーサイト

pagetop ↑

信じられるのは・・・

2012.01.28(Sat)

『夫婦』 Comment(0)Trackback(0)
昨日、髪を切って来た。
思ったよりかなり短くなってしまったので、
誰でも、ひと目見てすぐに髪を切ったと分かると思うが
夫は今朝まで気付かなかった。

さっき私をお迎えに来てくれた時に初めて
「あっ、髪切っとる!」と気付いた。

「私のことは余り興味がないんだなぁ。」と再確認した。
信じられるのはやはりイエス様だけだと思った。(M)

63garirayakohinode2.jpg

pagetop ↑

みことば

2012.01.27(Fri)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
 
 教会はキリストのからだであり、いっさいのものを
いっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。
エペソ1:23

pagetop ↑

希望

2012.01.26(Thu)

『神様』 Comment(0)Trackback(0)
今夜、久し振りにウォーキングに行って来た。
このところ、風が冷たいので二の足を踏んでいた。

体に鞭打って歩いた。
桜並木も、葉っぱ一枚もなく、
寒々しいたたずまいだった。

しかし、3月には、ソロモンより着飾った
桜の花が咲くだろう。
神のみわざは素晴らしい。(E)

sakurabench.jpg

pagetop ↑

躍り上がって主に感謝する

2012.01.25(Wed)

『感謝』 Comment(0)Trackback(0)
今日も、良いこと、悪いことを(特に問題)を
躍り上がって感謝したら、肩に重くのしかかっていたものが
なんだかスッと消えてなくなった感じがする。
イエス様、ありがとうございます。(M)

nijifree.jpg

pagetop ↑

新会堂の骨組

2012.01.24(Tue)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
 今日、新会堂の構造が明らかになった。
教会のメンバーのご主人が大工さんなので、プロの目で観て、
どこまでのリフォームが可能か、アドバイスを頂く為に来て貰ったのだ。

 私がオープンにしたいと計画しているスペースに、どうしても抜けない柱がある事が明白になった。
その柱を抜くと建物がつぶれてしまうので、それを残した設計にしなければならない。

 さて、教会の御体の一部分であるこの者としては、どういう風に設計変更するか、
教会の頭であるイエス様に聞いてみようと思っている。主に聞いて従うのが最善だから!(E)

pagetop ↑

特別賛美

2012.01.23(Mon)

『賛美』 Comment(0)Trackback(0)
昨日、主日礼拝で特別賛美に立った。
曲は11集4番「その光」だ。

にわか仕立てのギターも、
コードを押さえるのでアップアップだった。

歌の方は、こちらも歌詞を間違えずに
歌うのが精一杯で、当然の事ながら原曲とは大分違う。

しかし、自分なりに臨在はあったと思う。
ただ、もう少し「声に伸びとまろやかさがあればなぁ!」と思う。

妻が「ギターは良かったと思うけど、声がねぇ?!
声ばっかりはどうもならんもんねぇ!」とあきらめ顔で言った。

妻の落胆の様子に私も心配になったので映像を見た。
歌声を聴いたら「う~ん!こりゃ、うてあわれん!」と思ったが練習すれば何とかなると希望を持った。

妻は追い討ちを掛けるように「どうやったね?あまりにひどかろう?」と言う。

私は「神様に不可能な事は何一つ無かとばいっ!」と言ってやった。(E)

pagetop ↑

十字架と講壇

2012.01.22(Sun)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
今日、特注の木製の十字架と講壇がついにやって来た。
温かみがあってしっかりした作りになっている。
与えて下さった神様に感謝します。

cross120122.jpg

pagetop ↑

Giftsが佐世保にやってくる!

2012.01.21(Sat)

『ゴスペル』 Comment(0)Trackback(0)
2月9日(木)午前中に、ゴスペルグループのGiftsが
佐世保市の障がい者活動施設「なるこクラブ」に来て
ゴスペルを歌って下さることになりました!
主に感謝します。

o0480036011739978796.jpg

Giftsのオフィシャルサイト

pagetop ↑

名誉の負傷

2012.01.20(Fri)

『感謝』 Comment(0)Trackback(0)
兄が娘の結婚のお祝いに電子レンジを買ってくれた。
そのレンジの入ったダンボールの箱を、
車から降ろして運んでいた時、
手が滑って箱がアスファルトに落ちそうになった。

とっさに昔サッカーで鍛えた「黄金の短い左足」のすねを出した。
箱の角が、すねをこすりながら足の甲で止まった。

息子に削られたすねは、更に削れてしまったが、
レンジが守られた事と、妻と娘の集中砲火を避けられた
喜びと感謝で胸が一杯になった。
イエス様の瞬時の御手に感謝した。(E)

renji.jpg



pagetop ↑

ゴスペルコンサート

2012.01.19(Thu)

『ゴスペル』 Comment(0)Trackback(0)
今月の終わりに、佐世保市内に去年新しく設立された
特別養護老人ホームにゴスペルを歌いに行くことになりました。
どんなに主が働いて下さるか楽しみです。

101219sasebogospel.jpg

pagetop ↑

2012年感謝と賛美とリバイバルキャンプ

2012.01.18(Wed)

『キャンプ』 Comment(0)Trackback(0)
今年も‘感謝と賛美とリバイバルキャンプ’が行われます。
期間は2012年3月26日(月)~3月31日(土)で
アメリカのロサンゼルスに宿泊し、  
マーリン・キャロザーズ師のセミナーを受けたり、
グループに分かれて、ボニーブレアハウスで祈ったり、
路上ライブをしたり、ディズニーランド゛、ユニバーサルスタジオで
遊んだりします。どなたでも参加できます。

2012年感謝と賛美とリバイバルキャンプCM動画

pagetop ↑

あたり前田のクラッカー

2012.01.17(Tue)

『思い出』 Comment(0)Trackback(0)
今から50年ほど前、「あたり前田のクラッカー」というお菓子があった。
当時は大変美味しいお菓子だったと記憶している。

昨日、スーパーでそのクラッカーを発見した。
“あっと驚くため五郎”だった。

迷わず買ってしまい、今日、噛み締めながら食べてみた。
「てなもんや三度笠」というTV番組を思い出した。

久しぶりに食べたそのクラッカーは
記憶とは違って殆ど甘くなく、素朴な味だった。
昔はもっと美味しかったような気がする。

クラッカーの味が変わったのか、私の舌が肥えたのか?
少し寂しい気がしたが、昔懐かしいお菓子を食べることが
できたことを神様に感謝します。(E)

kurakka.jpg

pagetop ↑

絶対絶命

2012.01.16(Mon)

『救い』 Comment(0)Trackback(0)
昨日、イタリア中部沖ジリオ島付近で豪華客船が座礁し、死者3人、行方不明17人という事故が報じられた。最近、多くの死者が出る大きな事件、事故、自然災害が頻繁に起こっている。見るからに超豪華な客船で、大きな船体が岩場に横たわる姿は何とも痛々しい。世の栄華や価値観が如何に頼りにならないかを改めて見せつけられた思いだ。使徒行伝において使徒パウロが見せた難破船での主にある言動が鮮やかによみがえる。亡くなった人、行方不明の人々は果たして救われていただろうか?一日も早く、一人でも多くの人々にイエス様の十字架の福音を知らせなければと思った。(E)


pagetop ↑

みことば

2012.01.14(Sat)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
だれでも、イエスを神の御子と告白するなら、
神はその人のうちにおられ、その人も神のうちにいます。

私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。
神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちににおり、
神もその人のうちにおられます。

         <ヨハネの手紙第一 4章15~16節>

bible-poinsechia.jpg


pagetop ↑

日本二十六聖人殉教記念聖会

2012.01.13(Fri)

『殉教』 Comment(0)Trackback(0)
2月6日(月)午後2時から西坂公園において、
又、午後6時30分から、長崎大学中部講堂において、
「日本二十六聖人の歴史から学ぶ平和の集い」が行われます。
詳しくはこちらをご覧ください。

26seijin.jpg

pagetop ↑

みことば

2012.01.12(Thu)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
そこで、イエスは彼らの目にさわって、
「あなたの信仰のとおりになれ」と言われた。
すると、彼らの目があいた。

     <マタイの福音書9章29~30節>

peteroshuiken.jpg

pagetop ↑

佐世保カリスマ聖会

2012.01.11(Wed)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
昨日佐世保聖会のメッセージは
ヨハネの福音書21章1~14節から
「働きをなしていく中で、私たちは能力や経験に
よってではなく、神の言葉に従うことが鍵。」と語られました。
メッセージを通して、主からの語りかけを受けました。
主に感謝します。

120110ssbseikai.jpg

pagetop ↑

愛餐会

2012.01.10(Tue)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
今日行われた佐世保聖会の後、愛餐会がありました。
もうすぐ誕生日を迎える方が2人おられ、お二人に
Happy Birthday to youをみんなで歌ってお祝いしました。

120110aisankai.jpg

pagetop ↑

みことば

2012.01.09(Mon)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って
召された人々のためには、神がすべてのことを
働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。

        <ローマ人への手紙8章28節>

garirayako1.jpg

pagetop ↑

お父さんのお手柄?

2012.01.08(Sun)

『主に栄光』 Comment(0)Trackback(0)
 昨夜、我が家で緊急事態が発生した。礼拝に必要な機材を置いている部屋の引戸が開かないのだ。引戸の溝を堅いテープケースが塞いでいて動かない状態だった。そうだ!外から窓を開けて入れば良いかと思ったが、しっかりロックしている事を思い出した。しばらく思案しても「どうしよう?どうしよう?」と慌てるばかりで打つべき手が浮かばない。妻が「お父さん!感謝!感謝しようっ!」と言うと、いきなり、飛び跳ねて”感謝踊り”を始めた。私は感謝こそすれども、踊る事は出来なかった。私はブツブツと感謝しながら「いよいよの場合はドアを壊すしかないか?」という結論に達した瞬間、『ドアの下からドライバーを差し込んでみよ』との声が聞こえたような気がした。その通りにやってみた。5~6㎝ほど板戸が向こう側にずれた。妻が手を差し込んでケースを指で少し押した。そこで板戸を手前の溝に戻してスライドしてみたら、見事に敷居の端までスライドしたのだ。戸を壊さずに済んでホッとした。妻が「ああ!神様!ありがとうございまぁ~す!」と叫んだ。私は「開けたのはお父さんぞ!」と言いそうになった。その瞬間、「ああ!そうだった。栄光は主に帰さなければ!」と思い直した。何といっても「キリストに栄光佐世保教会」だもんね!こうして感謝踊りの効力を思い知った礼拝前夜となった。(E)

pagetop ↑

みことば

2012.01.07(Sat)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
罪から来る報酬は死です。
しかし、神の下さる賜物は、
私たちの主キリスト・イエスにある
永遠のいのちです。

    <ローマ人への手紙6:23>

habotan1.jpg

pagetop ↑

血糖値

2012.01.06(Fri)

『糖尿病』 Comment(0)Trackback(0)
先月、1年半ぶりに血液検査に行った。
糖尿病の状態を調べる為である。

結果を聞きに行くにも昼間は仕事なので時間が無い。
今日はお昼に急にお腹が痛み出した。
胃の下の辺りがシクシクとうずき、
何となく力が入らず、滅多にない痛みだった。

それで昼から休みをもらった。
家に辿り着くと幾分痛みが和らいだ。

「そうだ、血液検査の結果を聞きに行かなければ!」と
思い立って、病院へ行ってきた。

血糖値はそんなに高くはなかったが、ヘモグロビンA1Cは
「6.6」だった。これは「4.3~5.8」の基準値から少しはずれている。

これ以上、上がると治療が必要になるギリギリの数値だ。
これまで私は食事節制と運動で頑張って来た。

正直に言うと、当初からすると大分ルーズになっていたのは否定できない。
神様が節目で警告してくださったと思う。
「主のなさることはすべて時にかなって美しい。」
主に感謝します。(E)

111104niji.jpg



pagetop ↑

カンボジア孤児院訪問チーム

2012.01.05(Thu)

『孤児院』 Comment(0)Trackback(0)
今日はチームのメンバーが孤児院のみんなと
野球場に行って野球やバレーボールをして楽しく過ごしたようです。

20120105-cambodia.jpg

pagetop ↑

忠犬 "松五郎 "

2012.01.04(Wed)

『聞き従い』 Comment(0)Trackback(0)
今日、旅行中の友人の飼い犬「松五郎 」に餌を与えに行った。
私は元来、犬が大好きなのだが、
アパート住まいの為、ペットは飼えない。

この「松五郎」はとても可愛い犬で、
年に2度ほどしか会わない私でも、
喜んで受け入れてくれる犬なのだ。

私の楽しみは「松五郎」の専用食器に
餌を入れてやった後で「待てっ!」をさせること。

「松」は正直な犬で、「お腹が減った。早く頂戴!」と
言わんばかりに、餌を入れる前から皿に口を突っ込んで来る。

私は昔、カレーのコマーシャルで「松五郎!3分間待つのだぞ!」と
いうフレーズを思い出しながら「松五郎!待てよぉ!待てよぉ!」と
声を掛けながら入れてやる。

皿に餌が入り始めると同時に、体を微妙に震わせながら
今か今かと「良しっ!」の合図を待つ姿がいじらしい。

松五郎が見せるその間、約5秒の”聞き従い”に、
欠けだらけの私は考えさせられるところが少なくない。(E)

dog.jpg

pagetop ↑

若者たち

2012.01.03(Tue)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
一昨日の日曜礼拝は10代前半から20代後半の
若者たちが集まった。とっても嬉しかった。

120101young.jpg

pagetop ↑

カンボジア孤児院訪問ツアー

2012.01.02(Mon)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
今日から、礎の石カンボジア孤児院訪問チームが出発しました。
映像班も加わってのツアーです。
主の守りがありますようにお祈りします。
photo-05.jpg
カンボジア孤児院訪問チーム最新写真ニュース

pagetop ↑

▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2012 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。