スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

ゴスペルライブ

2011.07.31(Sun)

『ゴスペル』 Comment(0)Trackback(0)
先週、レインボーゴスペルクラブがミニライブをさせて頂いた
グループホームの夏祭りの動画です。
  
スポンサーサイト

pagetop ↑

妻の目にも涙

2011.07.30(Sat)

『御からだ』 Comment(0)Trackback(0)
今年も恵みによって、神のしもべ長崎教会チャーターの
バスに乗せて頂き、白馬キャンプに行く事が出来た。

メインイベントの賛美大会決勝大会に九州地区代表の
“賛美隊主のしもべたち”が出場した。

ドキドキしながら、指の間から見る思いだった。

臨在溢れる賛美は元より、天使を思わせる衣装を身にまとった
長崎教会の子ども達のダンスがとても素晴らしく、
照明の光の中で、本当に天使が降りてきて踊っているかの様だった。

帰りのバスの中で証し会があった。
証を聞きながら、目頭が熱くなった。

隣の席で妻が鼻をすすっていた。
そっと私のハンカチを差し出したら・・・
「臭い!」と言われた。白馬三日目のハンカチだから無理もなかろう!(E)
110729hakubacamp.jpg

pagetop ↑

照れ隠し

2011.07.26(Tue)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
先日、夜遅く電車で帰って来る妻を駅に迎えに行った。
疲れ気味の姿をホームで見つけて、
走り寄ってハグしてやろうかと思ったが、
私も疲れていたので身体が言う事を聞かなかった。

ただ両腕を大きく拡げて迎えるポーズをとったら
妻は他の乗降客の目を気にしてか
「何しょっとね。恥ずかしか。」と
言いながらビニール袋を手渡すので、
お土産か?と思って反射的に受け取った。
何だろうと楽しみに開けたら、ゴミだった。

しかし、疲れた体にはゴミ袋でも重いのだろうと、
感謝して受け取った。
白馬キャンプを前に、また腰が痛まなければ
よいがと主にお祈りした。(E)

95hinode21.jpg

pagetop ↑

ゴスペルライブ

2011.07.24(Sun)

『ゴスペル』 Comment(0)Trackback(0)
7月24日(日)に佐世保レインボーゴスペルクラブが
佐世保市内のグループホームの夏祭りの中で
ゴスペルライブをしました。

入所者、ご家族、スタッフの方々、約50名程の皆さんが
手拍子などしてくださり、喜んで聴いて下さいました。

他の地域のイベントへの出演依頼もありました。
導いて下さった主に感謝します。


     110724concert1.jpg

pagetop ↑

ドラム教室に挑戦

2011.07.21(Thu)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
いよいよ来週は白馬キャンプ!
毎年、キャンプ中に行われる音楽教室に、
今年新しく、ドラム教室、キーボード教室が加わった。

去年に引き続き、今年も白馬キャンプに参加するIくん、
ドラム教室に参加する。

去年の、神のしもべ長崎教会主催のファミリーキャンプで
行われた楽器教室がとても楽しかったらしい。
将来の、私たちの教会初のドラマー誕生となることを
主に期待してます。(M)

110717kodomoreihai.jpg


pagetop ↑

手作りピザ焼き窯

2011.07.20(Wed)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
18日に行われた障がい者活動施設の納涼会は
その施設の理事長さんのお宅の広い庭で行われた。

なんとその庭に、手作りのピザ焼き用の窯があった。
その窯で焼いたピザを戴いたが、とっても美味しかった。

ゴスペルを歌わせていただいた上に、ごちそうを戴いて
とっても感謝でした。(M)

110718pizzakama.jpg

110718pizza.jpg

pagetop ↑

ゴスペルライブ

2011.07.19(Tue)

『ゴスペル』 Comment(0)Trackback(0)
昨日の海の日に、佐世保市内のNPO法人一根会
(障害者の自立を支援する会)の納涼会で
ゴスペルライブをさせていただいた。

皆さん、特に利用者さん達が、とても喜んでくださった。
ライブを祝福して下さった主に感謝します。(M)
  
    

pagetop ↑

力無くとも

2011.07.18(Mon)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
今日佐世保市内の障がい者活動施設の納涼会で
ゴスペルライブをさせていただいた。

ここでは、昨年のクリスマスゴスペルコンサートの際、
めったに笑った事がない方が笑い、
ゴスペルクラブの前で指揮の真似をしたり、
主に触れられて号泣したりと、神のワザが現された。

そして、そのコンサートの後、私たちの教会のメンバーが
その施設に就職し、音楽療法の指導者となって、
毎日発声練習や歌の練習をしている。

今日の、私たちのライブの前に、施設の利用者の皆さんが
練習を重ねてきたという歌のお披露目があった。

その最後に「やすらぎ10集」“ハレルヤハレルヤ”を
歌って下さったのには不覚にも涙が出てしまった。
汗を拭く振りをして、素早く涙を拭き取った。

そして私たちの歌が始まると、障害をもっている方が
喜んで歌ったり笑ったり、私たちの前に立って
指揮をしたりする光景を主が見せてくださった。

賛美隊の働きはやはり主の御心だと思った。

次回は、私の持つマイクのボリュームも普通の
レベルに上げてもらえる様に頑張ろうと思った。(E)

 110718gospelconcert.jpg
    
      

pagetop ↑

みことば

2011.07.17(Sun)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、
あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、
ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、
わたしの証人となります。

          <使徒の働き1章8節>

 bible-poinsechia.jpg

pagetop ↑

タルタルソース

2011.07.15(Fri)

『食生活』 Comment(0)Trackback(0)
今日はホカ弁2日目、
昨日とは違う会社近くの店に入った。

幕一丁をオーラーした。

弁当片手に事務所も目の前に差し掛かった所で携帯が鳴った。
娘と同じ年生まれの事務員さんからだった。

「山田さん。すいませぇ~ん!まだホカ弁ですかぁ?」

「もう帰って来よるばってん、まだ近くよ」

「そしたらちょっとお願いがあるんですけど、良いですか?」

「良いですかって言うたっちゃ、何か聞かんば判らんやっか。
何ね言うてみんね?」

「小さい袋入りのマヨネーズを買って来て貰えないでしょうか?」

娘と同じ年の子のお願いを断りきれず
「マヨネーズねぇ、判った。」と
100㍍ばかり後戻りして再びホカ弁に入った。

「袋入りのマヨネーズありますか?」

「はい。ありますよぉ。タルタルソースですね。」

「いや、マヨネーズです。」

「はい、タルタルソースですねぇ!」

私は『違うやろぉ?マヨネーズって言いよっやろが?』と
前歯の裏まで来ていたが・・・

『この弁当屋さんではマヨネーズのことを
タルタルソースと言うのかも知れない。』と思って、

「いくらですか?」

「20円です。」

私は20円払って事務所に戻る途中、
昨日は英語を話すのは難しいと思い知らされたが

今日は日本人同士でも意思を伝えるのは
簡単じゃない事を再認識させられた。

福音を伝えるのには備えが必要であると思った。

私はレタスとパセリの違いがよく判っていないが、

彼女はどうして“マヨネーズ”を“タルタルソース”と言ったのか?

今夜は眠れそうにない。(E)
mayonezu.jpg

pagetop ↑

オーラー

2011.07.14(Thu)

『福音宣教』 Comment(0)Trackback(0)
 梅雨も明け、暑さも本番を迎えた今日この頃、
外での仕事が多いので、食中毒を警戒して、
我が家でもお父さんの弁当づくりは夏休みに入った。

妻の朝の忙しい時間も、少し楽になる。
必然的に今日からホカ弁で調達だ。
現場の直近の店に寄った。

すると、何とカウンターで
青い目のお嬢さんが爽やかな笑顔で
「いらっしゃいませぇ~」と迎えてくれた。
(おそらく国際大学の留学生かも知れない。)

お父さん少し緊張ぎみに
「ひっ・・日替わり幕の内ありますかぁ?」と注文した。

「はい!有りますよぉっ!」

「お願いしますぅ。」・・・

すると厨房に向かって
「オーラー入りまぁ~す。幕一丁!」

英語(オーダー)の日本語的発音は今一だったが、
その後の語句は完璧な日本語だった。
感心した。

宣教師にとっては、赴く国の言葉を
マスターするのは必須条件だ。

日曜日は英語礼拝もしているが、
本物の外国人を前にすると、
なかなか言葉に出て来ないのが実情だ。

私は宣教師に召されてはいないが、
宣教の使命は与えられている。

波佐見弁と同じくらい英語が話せるように、
神様に何とかお願いしてみよう。(E)
  
1sunfup3.jpg

pagetop ↑

コインランドリー

2011.07.13(Wed)

『家事』 Comment(2)Trackback(0)
20年以上も使って来た洗濯機が壊れたので、
さっき、娘と一緒に洗濯物を持って、
3か月前に出来た近所の新しいコインランドリーに
行って来た。

アメリカにいた時は、ルームメイトとよく
行っていたのだけど、日本では初めての体験で
とまどってしまった。

30年前のアメリカのコインランドリーは
自分で洗剤を入れないといけなかったけど、
今日行った所は、洗剤は自動注入だった。驚いた。

家で洗濯をするのは当然のことのように
何も考えずにやって来たけど、
家に洗濯機がないのが、こんなに不便なのかと気付かされた。

日々の主の恵みに感謝します。(M)

       images.jpg


pagetop ↑

みことば

2011.07.12(Tue)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、
この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、
この世の弱い者を選ばれたのです。

        <コリント人への手紙第一 1章27節>

63garirayakohinode211.jpg


       

pagetop ↑

うちの裁判官

2011.07.11(Mon)

『同労者』 Comment(0)Trackback(0)
教会の働きの一つとしてブログを書き始めてもう何年になるだろう?

当初、あれも書こうこれも書こうと意気揚々とスタートしたものだが、
書くに事欠き始めるのにそんなに時間は掛からなかった。

やはり神からのものでなければ、また祈りつつ、
感謝をしつつ取り組まなければ長続きしないようだ。

その点、同労者である妻は頼もしい。
毎日、何でも良いからブログを書こうと努力している。

毎晩、「お父さん!何か書くことない~?」と聞いてくる。
独特のイントネーションでの問い掛けに、
ネタが浮かばない時は、気が滅入りそうになる。

それでも「何か書くことない~?」と攻め立てられる。
人を人とも思わない裁判官ではないが「うるさくて仕様がない。」のだ。

ブログのため、引いては教会の働きのためのしつこさには頭が下がる。
私は今、根負けしてこのブログを書き終えた。(E)
sunf3.jpg

pagetop ↑

完熟マンゴー

2011.07.11(Mon)

『感謝』 Comment(0)Trackback(0)
昨日、教会のみんなと昼食を頂いた時
ある方が、完熟マンゴーを持ってきておられて
剥いて食べやすいようにサイコロ状に切って下さった。

するとおもてなしの賜物を神様から与えられている
Iくんが、すかさず、みんなが取りやすいように
人数分の爪楊枝を、一本一本マンゴーに刺してくれた。

初めて食べた完熟マンゴーは、とっても美味しかったし、
Iくんのおもてなしの心にも感動して、とっても嬉しかった。
主に感謝します。(M)
        
    110710mango.jpg

pagetop ↑

みことば

2011.07.08(Fri)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
イエスは彼女に言われた。
「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る、
とわたしは言ったではありませんか。」

      <ヨハネの福音書11章40節>

 sonoginoumi.jpg

pagetop ↑

すべてに時がある

2011.07.07(Thu)

『神様』 Comment(0)Trackback(0)
先月初め、エアコンのスイッチが入らない事が判明した。
去年の夏までは動いていたのに、電源スイッチやリモコンの
何処を“こちょぐっても”くすっとも笑わない。

毎年、「もう今年はダメだろう・・いくら何でも
今年は諦めんばやろぉっ!」と言いながら、
何と26年も長持ちしてくれた。長女が生まれる直前から
働いてきたエアコンだ。よく頑張ってくれた。

そして先月末、後を追うように洗濯機が壊れた。
妻によると、脱水だけはできるそうだ。
これは約23年もってくれた。

すべてに時があるとは聖書に書いてある。
すべての事が主の御手の中にある。

でも神様!願わくは、時期をずらして欲しかったです。
しかし、感謝します。

感謝すると心に平安が来た。
イエス様の十字架を思えば、何でも耐えられる。

感謝して祈っていれば、主が必ずエアコンも
洗濯機も与えてくださるだろう。

たとえそうでなくても、私は“主の御名を崇めます。”(E)

bidama.jpg

pagetop ↑

主と密着すれば日々また楽し

2011.07.06(Wed)

『社会学』 Comment(0)Trackback(0)
依然として福島原発の収束の兆しが見えない。
併せて、復興のペースが上がらない。

今、日本中の殆どが梅雨の真っ只中にあるので、
まだ切迫した状況にはないと思われるが、
国策としての節電が叫ばれている中、
本格的夏を前に、国内で最も暑い地域とされる
埼玉県熊谷市の街頭でのインタビューの光景をテレビで観た。

「どのような節電策を考えているか?」との質問に、
「心頭滅却して何とかして乗り切ります。」と話すご婦人がいた。

明らかに昭和の時代を生きてきた方に見えた。
確かに“心頭滅却すれば火もまた涼し”という言葉がある。

“無念無想の境地に至れば火さえも涼しく感じられる”という意味だ。
しかしながら、人はそんなに強くない。
苦しいものは苦しいし、暑いものは暑いのだ。

私は、ただイエス様の助けがあれば大丈夫である。
この夏は、十字架の影に隠して頂き、
直射を避けて涼しく乗り切りたいと思う。(E)

vine1.jpg

pagetop ↑

佐世保カリスマ聖会

2011.07.05(Tue)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
今日の佐世保カリスマ聖会で、
ルカの福音書の18章1節~14節から
“祈り”のことが語られた。

「神は私たちの祈りを忘れない。」
「砕かれた祈りはきかれる。」というメッセージだった。

本当に主からの語りかけを受けた。
感謝でした。(M)

pagetop ↑

賛美大会出場チーム

2011.07.03(Sun)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
今日は長崎教会でカリスマ聖会があった。
その中で、白馬全国賛美大会に、九州から
出場するチームが特別賛美をした。

一般の部に出場する“賛美隊主のしもべたち”の
賛美の時、チームの横で子どもたちがタンバリンを
手に持って踊っていた。

とってもいい感じでした。
本番が楽しみです。(M)

pagetop ↑

長崎カリスマ聖会

2011.07.02(Sat)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
明日7月3日午後6時30分から
TLCCC神のしもべ長崎教会に於いて
長崎カリスマ聖会が行われます。
是非ご参加ください!

神のしもべ長崎教会

pagetop ↑

みことば

2011.07.01(Fri)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
父がわたしにお与えになる者はみな、
わたしのところに来ます。
そしてわたしのところに来る者を、
わたしは決して捨てません。

       <ヨハネの福音書6章37節>

pagetop ↑

▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2011 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。