スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

ゴスペルコンサート

2011.03.28(Mon)

『ゴスペル』 Comment(0)Trackback(0)
4月2日(土)に佐世保市内の障がい者活動施設の
開所式の中でゴスペルコンサートをさせて頂くことになった。

前回のコンサートでやすらぎの歌を聴いて
めったに笑うことのない方が笑い、知的障がいのある方が号泣した施設だ。

今回も主が豊かに働いて下さるように祈ろう!

             101223rgchp.jpg
スポンサーサイト

pagetop ↑

賛美コンテスト長崎ブロック予選

2011.03.22(Tue)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
3月20日(日)に神のしもべ長崎教会に於いて
賛美コンテスト長崎県予選が行われた。

佐世保から出場した2チームのうち
Blessing riseが9位に入賞し、九州大会に進出する。
ハレルヤ! 白馬に行けるようお祈りしよう!(M)
blessingrise110320.jpg

pagetop ↑

電源復旧作業

2011.03.21(Mon)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
福島第一原子力発電所への通電作業プロジェクトにクリスチャン
の方々が数名加わっているそうだ。

電源復旧作業に携わっておられる全員を守って下さり
プロジェクトを主が必ず成功させて下さいますように
イエス様のみ名によってお祈りします。(M)

pagetop ↑

東日本巨大地震

2011.03.13(Sun)

『地震』 Comment(2)Trackback(0)
被災地の映像を見るたびに、あまりの惨状に言葉を失う。

マタイの福音書の24章の、弟子たちがイエス様に
“世の終わりの前兆”について質問するくだりが頭をよぎる。

終わりの時が近付いていることをひしと感じる。
目を覚ましていなければ・・・。

被災者の方々のためにお祈りします。(M)

pagetop ↑

佐世保カリスマ聖会

2011.03.08(Tue)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
今日行われた佐世保カリスマ聖会&預言セミナーで
講師のメッセージを通して、主の語りかけを
受けることが出来て、とても感謝でした。

また、聖会の中の特別賛美には初めてYさんも加わって
「ハレルヤ!ハレルヤ!」を賛美することができて、
こちらも大変感謝でした。(M)
             110308seikaitokubetsu.jpg

pagetop ↑

佐世保カリスマ聖会

2011.03.07(Mon)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
明日3月8日(火)午前10時30分から
佐世保市労働福祉センター3F中会議室Ⅱで
佐世保カリスマ聖会&賜物セミナーがあります。

カリスマとはギリシャ語で“賜物”という意味です。
聖書に書かれている、御霊の賜物のことを学びます。

白馬スネルゴイキャンプ直後の
佐世保聖会に是非お越しください。

pagetop ↑

ゴスペルコンサート

2011.03.05(Sat)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
先週、ゴスペルコンサートをさせて頂いた
グループホームには、メンバーの方の
お義母様が入所されている。

そういうこともあって、その施設に行かせて
頂いた訳だけれど、コンサートが終わってから
職員のお一人が「Kさんのお陰で、こうやって
コンサートをしてもらえた。」と、メンバーの
お義母様にお礼を言っておられた。

喜んで頂いて、本当に良かった。
そういう機会を与えて下さった主に
感謝します。(M)
             110227gconshugo.jpg

pagetop ↑

脛(すね)に傷を持つお父さん  

2011.03.04(Fri)

『仕事』 Comment(0)Trackback(0)
三日ほど前、またもや、仕事で怪我をした。

販売用土地の「のぼり旗」を立てる作業の途中だった。
5㌢角ほどの木杭を地面に打ち込む。

道具は「せっと」と呼ばれる2㎏ほどの鉄のハンマーだ。
握る柄も重さも釘を打つ金づちとは全く違う。

左手で杭を支え、右手で「せっと」を握って
思い切り振り下ろした瞬間、手が滑ってしまい
右足のすねを直撃した。

「アッ!またやってしまった。」と思ったが
今度はすぐ感謝した。
2~3秒後に猛烈な痛みが襲った。

骨が折れたかと思ったが、
痛いながらも歩けたので少し安心した。

痛みに堪えながら、最後まで打ち込んで旗をセットした。
作業終了後、車に乗り込んで
恐る恐る裾を捲くると大きく腫れていた。

しかし、今はほとんど腫れは引き、痛みもなくなった。

骨折していなかったこと、又速やかに癒して下さったことを
主に感謝します。(E)

pagetop ↑

目の上のトンコブ  

2011.03.01(Tue)

『社会生活』 Comment(0)Trackback(0)
先週の土曜日夜、上司から「仕事帰りに現場に寄って
工事の進捗状況を見て、報告する様に。」との指示を受け
自宅近くの建築現場に立ち寄った。

夜の現場は細心の注意が必要だ。
懐中電灯を点けて、足場に上って屋根の状況を確認して、
下に降りようとして二三歩進んだ瞬間、
「ガツンッ」と鈍い音がした。

足場の鉄パイプに額をぶつけてしまった。
音からして、頭蓋骨が陥没したかと思うほどの衝撃だった。

注意していたつもりだったが、足場から落ちないようにと
ライトで足元だけを照らして歩いたのが原因だ。

「アァーモッ!コンチク・・・」
口を突いて出て来た言葉を飲み込んで
とっさに「あーも、感謝しまぁ~っす!」と告白を変えた。

最後まで発音せずに良かった。危なかった。
そっと胸をなで下ろした。

車に乗り込んで報告メールを打った後額を触ってみた。
ピンポン玉ほどの“トンコブ(タンコブ)”が出来ていた。

世の現実に捕われて、下ばかり見て歩くと失敗する。
しっかりイエス様を見上げて歩む必要性を思わされた。(E)

pagetop ↑

▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2011 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。