スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

クリスマスゴスペルコンサート

2010.11.30(Tue)

『ゴスペル』 Comment(0)Trackback(0)
12月19日に佐世保市内の老人福祉施設で
クリスマスゴスペルコンサートをさせていただくことになった。

先日コンサートに向けて、「もろびとこぞりて」など三部合唱で
練習したら、やはり毎年歌っているので皆上手に歌えてた。

コンサートを主が祝福してくださるようにお祈りしよう。(M)
スポンサーサイト

pagetop ↑

はやぶさ

2010.11.25(Thu)

『宇宙』 Comment(0)Trackback(0)
2003年年5月に鹿児島の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた
探査機「はやぶさ」が7年を掛けて地球に帰還した。
正に傷だらけの奇蹟の生還だった。

その使命は地球から60億キロの彼方を飛ぶ小惑星「イトカワ」から
岩石を持ち帰ることだった。

そのカプセルには1500個もの岩石が入っていた。
岩石と言っても、極微小なからし種よりも小さい砂粒だ。

これで宇宙の成り立ちの起源が判ると言う。
なにかしらワクワクするような期待感が沸き上がる。

しかしながら、かの万有引力を発見した物理学者「ニュートン」は
「私は万有引力を発見したが、この宇宙に創造主である神がおられる事を
発見した事の方が遥かに偉大な発見だった。」と語ったと言う。アーメン!(E)

pagetop ↑

みことば

2010.11.24(Wed)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
「神の賜物と召命とは変わることがありません。」

          <ローマ人への手紙11:29>

pagetop ↑

みことば

2010.11.22(Mon)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
 また私は、新しい天と新しい地とを見た。
以前の天と、以前の地は過ぎ去り、もはや海もない。
 私はまた、聖なる都、新しいエルサレムが、
夫のために飾られた花嫁のように整えられて、
神のみもとを出て、天から下って来るのを見た。
 そのとき私は、御座から出る大きな声がこう言うのを聞いた。
「見よ。神の幕屋が人とともにある。
神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。
 また、神ご自身が彼らとともにおられて、
彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。
 もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。
なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」
 すると、御座に着いておられる方が言われた。
「見よ。わたしは、すべてを新しくする。」
また言われた。「書きしるせ。これらのことばは、
信ずべきものであり、真実である。」

    <ヨハネの黙示録 21:1~5>

pagetop ↑

みことば

2010.11.22(Mon)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
イエスは言われた。
「わたしは、よみがえりです。
 いのちです。わたしを信じる者は、
 死んでも生きるのです。」

     <ヨハネの福音書11:25>

pagetop ↑

日本生まれのゴスペル

2010.11.18(Thu)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
昨日ゴスペルクラブの練習の後公民館の事務室に用事で行った時
公民館長さんがわざわざ出て来られて、「ふるさと祭りでの
“ゴスペルさん”良かったですよ!」と笑顔でご挨拶をして下さった。

ふるさと祭りでは「日本で生まれた日本語のゴスペルを歌います。」と紹介して
やすらぎの歌から「いつまでも どこまでも」と「心からハレルヤ」を歌った。

それを「良かった。」と言って下さった。
主に感謝します。(M)

pagetop ↑

みことば

2010.11.12(Fri)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
「あなたがたはこのおびただしい大軍のゆえに恐れてはならない。
 気落ちしてはならない。この戦いはあなたがたの戦いではなく
神の戦いであるから。」
「・・・この戦いではあなたがたが戦うのではない。
 しっかり立って動かずにいよ。
あなたがたとともにいる主の救いを見よ。・・・」
     第二歴代誌 20:14~22より抜粋

pagetop ↑

ふるさと祭り

2010.11.07(Sun)

『ゴスペル』 Comment(0)Trackback(0)
先週のふるさと祭りでゴスペルを歌った時
メンバーのご主人のAさんが写真を撮ってくださった。

200名を超える観客の前で踊りながら歌う私たちを見て
「よくあれだけの人達の前で平気で歌えるね。」と
感心されたそうだ。

人前に出るのは、私は元来苦手なのだけれど
今回は特別アガルこともなく笑顔で歌うことが出来た。

やっぱり、賛美隊には神様のみ手があるからだと思う。
私たちを支えて下さっている主に感謝します。(M)
            
             101103gospel.jpg

pagetop ↑

27回目の記念日

2010.11.04(Thu)

『夫婦の絆』 Comment(1)Trackback(0)
 先月10月30日(土)は、恥ずかしながら
私たち夫婦の27回目の結婚記念日だった。

もうそんなに経ったのかという心境だ。
思い返せば色々な事が有った。
妻にはずいぶん苦労をかけた(今も・・・)。
文字通り楽しい事も苦しい事も・・・
恵みによって二人の子どもを与えられ
それぞれ元気に暮らしている。

ともかく、今日まで不思議なほどに主が支えてくださった。
これからも曲がりなりにも聞き従いの道を歩んで行きたいと思う。(E)

pagetop ↑

ふるさと祭りに出演

2010.11.03(Wed)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
今日、いつもゴスペルの練習をしている公民館で
ふるさと祭りがあった。

去年に引き続き今年も出演させていただき
今回はCさんやIくんが新たに参加した。

やすらぎの歌から「いつまでも どこまでも」と
「心からハレルヤ」をメドレーで歌った。

神様の支えがあり、みんな声もよく出ていて
楽しく歌えたし、聴衆の中には手拍子して
くださる方々もおられた。
導いてくださった主に感謝します。(M)


             101103furusato.jpg

pagetop ↑

みことば

2010.11.03(Wed)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
私は山に向かって目を上げる。
私の助けは、どこから来るのだろうか。
私の助けは、天地を造られた主から来る。
主はあなたの足をよろけさせず、
あなたを守る方は、まどろむこともない。
見よ。イスラエルを守る方は、
まどろむこともなく、眠ることもない。

   <詩篇121篇1~4節>

pagetop ↑

▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2010 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。