スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

ゴスペル・コンサート

2010.10.31(Sun)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
今日佐世保市内のグループホームで
ゴスペル・コンサートをさせていただいた。

9名の入所者と4名の職員の皆様が聴いて下さった。

アンコールまでして頂いたのだけれど、曲を用意していなかった。
「歌われた曲をもう一回歌って戴いてもいいですけど。」と
責任者の方が言って下さった。

また、いつかゴスペルを歌いに行かせて頂こう!(M)

             101031kibounoie.jpg
スポンサーサイト

pagetop ↑

みことば

2010.10.29(Fri)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
すべてのことは、あなたがたのためであり、
それは恵みがますます多くの人々に及んで、
感謝が満ちあふれ、神の栄光が現れるように
なるためです。
    <Ⅱコリント4:15>

pagetop ↑

誰でもキリストのうちにあるなら

2010.10.28(Thu)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
昨日の長崎カリスマ聖会でのP牧師のメッセージは
大いに笑わせて頂いた上に、メッセージを通して
神様からの語りかけを受ける事ができた。
 
自分の考えを聖書の考えに変えることが大切と
語ってくださった。主に感謝します。(M)

  「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。
   古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」
                   <Ⅱコリント人への手紙5:17>

             101027pauroseikai.jpg

pagetop ↑

みこころの確認

2010.10.27(Wed)

『神様』 Comment(0)Trackback(0)
昨夜、ウォーキングのついでにと、妻からお使いを頼まれた。
脂肪分40%カットのチーズ、リンゴ3個、ブロッコリーだ。

細切れにしてあるチーズはすぐ分かった。
リンゴは少し難しかった。
りんごにも色々と種類がある。
例えばジョナ、ゴールド、王林・・・
電話して確認するまでもなく一番安いのを買った。

問題はブロッコリーだ。
ブロッコリーはカリフラワーと似ている。
私は白菜とキャベツの違いは判るが
つい最近までレタスとセロリとパセリの区別が曖昧だった。

まあ、野菜のお使い程度のことならどうって事はないが
主の働きとなると話が違う。

判断すべき場面では“主に聞いて確認する”事が必要になる。
正しく聞けなければ失敗する。
しかし主に従い続けるなら、必ず主は失敗も益にして下さる!(E)

pagetop ↑

鍋の季節

2010.10.26(Tue)

『料理』 Comment(0)Trackback(0)
今日は鍋(鶏の水炊き)だった。
2~3日前も鍋(ごま豆乳鍋)だった。
少し寒くなってきたし、野菜も沢山食べられるし
何より作るのがチョー簡単だから・・
うちではしばらく鍋が続くかな?
今度はキムチ鍋にしよーっと。
毎日美味しいご飯を食べることが出来る事を
主に感謝します。(M)

pagetop ↑

今度はグループホームで

2010.10.24(Sun)

『ゴスペル』 Comment(0)Trackback(0)
来週、私の家から歩いて2~3分の所にある
グループホームでゴスペルコンサートをさせて
頂くことになった。

先日、責任者の方とお話をしたのだけれど
まだ私たちの歌を聴いてもいないのに
「大歓迎です。できれば定期的に・・。
○○(隣町)にも3つ同じ系列のグループホームが
ありますので、そちらにも・・。」と言って下さった。

「やっぱり賛美隊の働きには主のみ手が
あるんだなぁ。」と思う。
祈って備えなくちゃ!主に感謝します。(M)

pagetop ↑

孤立無援

2010.10.22(Fri)

『家族』 Comment(2)Trackback(0)
「うちには、誰一人お父さんのYシャツに
アイロンがけをしてくれる人がいない・・・。」と
夫が嘆いていた。

「今度いつかしてあげるからね。」と心で思いつつ、
聞こえないふりをした。ごめんなさい(M)

pagetop ↑

嘆き(とほほっ!)を希望(ワクワク!)に

2010.10.21(Thu)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
先日、今月10日に行われたゴスペル・アワーの自分達の映像を見た。
希望をもって臨んだゴスペル・アワーだったが
やはり私の声は「人に聴かせる声ではないな!」と思った。

高校生の時、文化クラブでコーラス部を希望したが
顧問の先生に断られた理由が今やっとわかった。

今、賛美隊における主が望んでおられる自分の「立ち位置」が
何処なのか、見えて来たような気がする。(E)

pagetop ↑

久し振りの生野菜

2010.10.20(Wed)

『食生活』 Comment(0)Trackback(0)
猛暑の影響で高騰していた野菜の値段が
少し落ち着いてきたので、昨日久しぶりに
トマトを買って食べた。

そのトマトはいびつで傷もあったので
少し安くで販売されていたようだったが
それでも久し振りに食べるトマトは美味しかった。
主に感謝します。(M)

pagetop ↑

想定外

2010.10.19(Tue)

『夫婦』 Comment(0)Trackback(0)
最近、忘れっぽくなった。
耳も悪くなったのか正確に聞きとれず
とんちんかんな返事をする事も時々ある。

傍らの妻に「お父さんのほうが先にボケるかも知れん。
そん時はお世話、頼むね!」とお願いした。

妻は「イヤ、それは困る・・使命を全うしたら
すぐ天に帰ってもらえたら・・」と答えた。

冗談だとは言ってたけど、久々に
“やはり、信じられるのはイエス様だけ”だと思った。(E)

pagetop ↑

技あり

2010.10.17(Sun)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
数日前の夕食後、妻が「何だか喉が渇く。」と言った・・・

聖書のヨハネの福音書で、イエス様がサマリヤの女に
「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。
しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、
決して渇くことがありません。
 わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、
永遠のいのちへの水がわき出ます。」と言われた。

・・・私は妻の前に進み出て・・・
「あなたは、塩辛の食べすぎ!」と言ってやった。(E)

pagetop ↑

みことば

2010.10.16(Sat)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
あなたの重荷を主にゆだねよ。
主は、あなたのことを心配してくださる。
主は決して、正しい者が
ゆるがされるようにはなさらない。

  <詩篇55篇22節>

pagetop ↑

韓国の教会での礼拝

2010.10.14(Thu)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
先日の長崎原爆資料館ホールで行われた韓国の教会の方々を
お招きして行われた聖会の特別賛美で、日本語の賛美をして下さったのとは別に
女性二人で、ちゃんとお揃いのユニフォームを着て讃美歌など歌って下さった。
美しい声、且つものすごい声量で、聴く私たちを圧倒した。

先週末から今週の初めまで遣わされていた韓国チームの、デチ純福音教会での
10日の礼拝での奉仕の模様が、東京アンテオケ教会のHPにアップされていた。

その映像を観てみると、1000名程収容可能な礼拝堂の、講壇の後ろに
70名程の聖歌隊が一糸乱れず並んでいた。

みごとな大合唱だった。よく見ると最前列の真ん中で、時々ソロで歌っていた女性が
なんと、長崎の聖会で歌って下さった女性デュオのお一人だった。

東京アンテオケ教会のA牧師のメッセージも力強かった。
四日市シオン教会のO牧師の証しも感動的で、神様が聴く方々に触れておられた。
韓国チームの映像班が撮影したこの映像、必見だと思う。(M)
             2010年10月10日韓国デチ純福音教会礼拝

             
             101012tokusanbi2.jpg

pagetop ↑

韓国のクリスチャンの方々を迎えての聖会

2010.10.13(Wed)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
今日、韓国の大教会の牧師さんとその教会の約20名の方々が
殉教した26聖人の足跡をたどった後、長崎に来られてともに
主を礼拝する時がもたれた。

やはり韓国のクリスチャンの方々はすごくパワフルで
彼らの内側には熱い宣教のスピリットがあった。

特別賛美では来日された皆さんが牧師さんのギターの奏楽で
なんと日本語でやすらぎの歌「心からハレルヤ」を
楽譜も見ないで歌って下さった。とても素晴らしかった。
韓国のクリスチャンのようには出来ないにしても
彼らが持っている、自分に欠けているものが欲しいと思った。(M)

             101012kankokuseikai1.jpg

pagetop ↑

いやし

2010.10.11(Mon)

『神様』 Comment(0)Trackback(0)
先週、長崎県北部のある男の子の家に
九州の長老をはじめ6名で、癒しのお祈りに行って来た。
最後に会った3か月前に比べると少し反応が大きくなった様に感じた。

皆で祈って賛美して預言した。
必ず主が癒してくださる確信が与えられた。
近い将来、Tくんが「お母さ~ん!お腹すいた~!」と
喋り出す瞬間が来ると私は信じる。(E)

pagetop ↑

ゴスペルアワー

2010.10.10(Sun)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
さっき長崎から帰ってきた。
今日のゴスペルアワーで
何チームかの賛美を聴いていて
主に触れられて涙が出てきた。

佐世保からも参加させてもらったが
もっと祈りと練習が必要かなと感じた。
来月は是非教会のみんなと参加したい。(M)
             101010gospelhour.jpg

pagetop ↑

喜び踊れ主の前で

2010.10.09(Sat)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
先日の松浦での聖会の前にある賜物セミナーで
夫が賛美リーダーをした。

やすらぎの歌9集の「心からハレルヤ」を
両手を上げて大きく振って踊りながら賛美していた。

その姿を見て出席していた方々は皆さん
驚き感激しておられた。

後で夫に聞いたら「本当はTさん(昔ジャズダンスの先生だった方)が
振付してくれたように踊ろうかと思った。」と言っていた。

今度のふるさと祭りでその振りで踊って歌うことになっている。
主に向かって喜んで踊りながら賛美しよう!(M)

pagetop ↑

みこころのままに

2010.10.08(Fri)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
先日の老人福祉施設でのコンサートを録音したのを
聴いた夫は、自分の声が余りにもひどいので
「もうコンサートなどでは歌わない」ことにしたそうだ。

夫はそのことを、先日の聖会の講師のI牧師に話していた。
I牧師は「そんなに決めつけなくていいんじゃないんですか?
主に聞いてみたらいいですよ。」とあっさりと言われた。

夫は「そうしてみます。」と少し嬉しそうに言っていた。
たしかに、主が歌うように言われたなら、歌わないとね!(M)

pagetop ↑

聖会

2010.10.06(Wed)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
昨日は、朝から佐世保での聖会に出席し、
夜は松浦での聖会に出席した。
松浦では思いがけず賛美の奉仕もさせていただいた。

そして佐世保から松浦への移動の途中で
ある方のいやしを祈るためにその方の
ご自宅を訪問させていただいた。

「主のみ手によって奇蹟が起こり、
全く新しいからだに変えられる」ことを
心から願う。

主が共におられる事を感じることができた一日だった。
主に感謝します。(M)

pagetop ↑

カリスマ聖会

2010.10.04(Mon)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
明日(10/5)午前10:30から
アルカスSASEBOの練習室2に於いて
佐世保カリスマ聖会&預言セミナーが行われます。

神様からの賜物について学び、賛美を歌ったり聖書から
メッセージを聴くときがあります。
病気のいやしや問題の解決のためにもお祈りする時間もあります。

どなたでもご参加いただけます。
是非お越しください。

詳しくはこちらをご覧ください。

pagetop ↑

お父さんの誕生日

2010.10.03(Sun)

『家族』 Comment(0)Trackback(0)
今日は夫の56回目の誕生日だった。
朝、夫と顔を合わせた娘が開口一番
「あっ、お父さんお誕生日おめでとう。」と言った。
夫は「あっ、忘れとった。ありがとう。」と答えた。
 
さっき、自分の部屋から出てきた娘に
「あっSちゃん、こんばんは!」と夫が挨拶すると
娘は「今日は何もお祝い出来んやったね。」と言った。
夫は「ありがとう。そう言ってくれるだけで嬉しかよ。」と答えた。

夫は娘が自分の誕生日を覚えていてくれただけで嬉しいらしい。
良かったね!お父さん(M)

pagetop ↑

どんなに時が流れても

2010.10.03(Sun)

『やすらぎの歌』 Comment(0)Trackback(0)
東京の教会では、すでに歌集『やすらぎの歌10集』の
掲載曲が歌われている。
9月19日のカリスマ礼拝の前半賛美では、A牧師が
「10集の曲を学びながら歌いましょう。」と言って
賛美された曲の中で、初めて聴いた曲がすごく心に残った。

   どんなに時が流れても
   あなたの愛は変わらない
   どんなに時が流れても
   あなたの恵みは変わらない

   だから私は歩み続ける
   あなたの愛を信じて
   だから私は歌い続ける
   あなたの恵みに満たされて

すごくシンプルだけど
聴いていて涙が出そうになった。
確かに神様の愛は変わらない
この方に従い続けようと思った。(M)

pagetop ↑

みことば

2010.10.01(Fri)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
もし、『なぜ、ほどくのか。』と
尋ねる人があったら、こう言いなさい。
『主がお入用なのです。』

       <ルカの福音書19章31節>

pagetop ↑

▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2010 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。