スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

レコーディング

2010.09.30(Thu)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
今回、やすらぎの歌10集に、応募数351曲の中から
Tさんが作詞作曲した曲が選ばれた。

Tさんは、夏の白馬キャンプが終了してから4日後に行われた
佐世保カリスマ聖会で、A牧師から「もう10集には応募しましたか?」と
質問され、応募するようにとの神様の語りかけに従っていなかったことを
悔い改めて、み心の曲を与えてくださいと主に祈ったところ
聖会の帰りに車を運転中に与えられたそうだ。

先日、音楽の専門家の方のところでCD用のレコーディングがあった。
私も歌わせて頂いたのだけれど、発声の仕方まで教えてもらったりして
色々と勉強になった。

ゴスペルクラブの練習を素人だけでやっているけど
やっぱり指導してくれる専門家を主に求めよう。(M)



スポンサーサイト

pagetop ↑

自分に死ぬ 

2010.09.29(Wed)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
先日のゴスペルコンサートは素晴らしかった。
私も一生懸命に歌った。
しかし途中、自分の声がスピーカーから聞こえてこない事に気が付いた。
「マイクの電源が入っていないのか?」・・・
しかし、直前にアナウンスした時は確かに入っていた。
私のマイクの音量は調節されていた。

仕方が無いのでより一層声を張り上げて歌った。
のどが痛くなった。
帰宅後、コンサートを録音した音源を聴いた。

かすかに私の声も聞こえた。
お世辞にも「耳に心地よい声」ではなかった。

福音を宣べ伝えるための賛美隊の働きは真剣勝負だ。
個人の希望、意地、プライドを加味する余地は無い。
とにかく“神様が言われることだけをする”ことに徹しよう。(E)
     
              10926concertblog.jpg

pagetop ↑

コンサート

2010.09.29(Wed)

『賛美隊』 Comment(2)Trackback(0)
一昨日のある老人福祉施設でのゴスペルコンサートで
私はMC(司会)をさせて頂いた。

聴きに来ておられた入所者の方々は
ほとんどが80歳以上の方々のようだった。

コンサートが始まってすぐ、私は思い切って
「会場を埋め尽くした4000人の皆様ぁあ~!・・・」と切り出した。

やや受けだったが全くの無反応ではなかったので少し安心した。
アメイジンググレイスからやすらぎの歌へとプログラムは進んだ。

主が豊かに働いてくださって、最後にはアンコールの声がかかって
讃美歌「いつくしみ深き」を賛美した。

コンサートが終わった後、主任さんがお年寄りの皆様に
「また来て頂けるように、大きな拍手を送りましょう!!」と促しておられた。

主の御手が確かにあったゴスペルコンサートだった。(E)

              100926gospel con.mc

pagetop ↑

手拭いオヤジ

2010.09.27(Mon)

『男の美学』 Comment(0)Trackback(0)
先日、TVのスポーツニュースで早稲田大学野球部の
『ハンカチ王子』こと、斎藤投手の事を取り上げていた。

それを観ていた妻が「斎藤投手はさわやかだし、
ルックスもいいし・・私好きだなぁ!」と言った。

私が、「全然、お父さんと似とらんたい!」と言うと
妻は、「私は元々メンクイだったんだけど
どうしてお父さんと結婚したかねぇ・・・
やっぱり神様よねっ・・・」と自分で納得していた。

そりゃ『ハンカチ王子』より『手ぬぐい親父』の方が
かっこ悪いのは確かである。

しかし、そのカッコ悪さが主にあってカッコ良いってことが
判らんとかねぇ~。(E)

pagetop ↑

ゴスペルコンサート

2010.09.26(Sun)

『賛美隊』 Comment(2)Trackback(0)
 今日、佐世保市内のある老人福祉施設で平戸ゴスペル
クラブと共にゴスペルコンサートをさせていただいた。

今回は本人の希望で小学生のIくんも出演した。

入所者やスタッフの皆様約60名ほどの方々が
熱心に聴いて下さった。

また、コンサート終了後、責任者の方が
やすらぎの歌に感動されたようで
「愛が詰まった、優しい歌でしたね!」と言って下さった。

導いて下さった神様に感謝します。(M)
           
             10926gcgodisloveforblog.jpg


pagetop ↑

みんなで集まる日のああ懐かしや

2010.09.25(Sat)

『思い出』 Comment(0)Trackback(0)
先日、妻が「部屋を片付けていたら出て来た!」と
懐かしい写真を見せてくれた。

佐世保教会の初期の頃の写真だ。
とにかく皆さんが若い。
お一人お一人がびっくりするほど若くて美しい。

天に於いて綺麗な綺麗な川で
また皆で集まる日が懐かしく思えた。(E)

19920306ssbchshugo.jpg


pagetop ↑

ザンビア礎の石孤児院報告会

2010.09.23(Thu)

『孤児院』 Comment(0)Trackback(0)
昨日、長崎の原爆資料館ホールに於いて
ザンビア孤児院現地責任者の桜子ムタレ宣教師を迎えての
「ザンビア孤児院報告会&チャリティーコンサート」が行われた。

恵みによって、夫と共に行くことが出来た。
かなり遅れて行ったので、ほとんど桜子さんの報告は聴けなかったけど
桜子さんの姿を見ただけで、又スクリーンで孤児たちの写真を見たり
山里ゴスペルクラブの歌を聴いていたら、神様の愛を感じて涙が出てきた。
行ってよかった。(M)

             100922kojiinhoukokukai.jpg


pagetop ↑

家族愛

2010.09.22(Wed)

『夫婦』 Comment(2)Trackback(0)
この夏はあまりに暑かった。
あまりの灼熱に思い切ってアイスクリームを買って来た。
バニラのソフトクリームだ。

一晩寝かせたソフトクリームは熟成して「さぞ美味しかろう!」と
少しずつ何日もかけて楽しもうと、冷凍庫の底の方に隠した。

火曜礼拝を終えて帰宅して冷凍庫を開けると、
底に隠れている筈の「例の物」が一番上にあった。
それも無残な姿で・・縦割りの真っ二つ・・

一体どうしたのかと妻に聞いた。
「お父さんの糖尿が心配だったからお母さんが半分食べてあげた。」と
「いらんお世話!」をしてくれたそうだ。

愛情の裏返しだとは思うが、それにしても見事な切り口で感心した。
妻にも「竹を割ったような性格」の一面が垣間見えた。
主は私が暴走しないように、高慢にならないようにと
「アイスを割ったような」配偶者を与えてくださったのだと感謝した。(E)

            100921softcream.jpg
 

pagetop ↑

バッタの雨宿り

2010.09.21(Tue)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
今日の仕事は、住宅建築用の土地の草刈り作業と並行しての売り出し待機だった。
日差しよけにテント(聖書的に言うなら天幕だ。)も張った。

朝から草刈りに取り掛かった。大分すっきりとなった。
すると突然、雨が降り出し、テントに避難。
パイプ椅子に座って小休止・・・ところが二の腕あたりが妙にコチョバユイ。

その犯人は子どものバッタだった。
草むらが無くなって居場所が無くなったのだろう。
そこへ突然の雨だから仕方なくテントで雨宿りを決め込んだようだ。

通常なら叩きつぶすところだが
このバッタも神が造られたのだと思うとそれは出来なかった。
そっと手で払って逃がしてやった。(E)

100920batta.jpg

         

pagetop ↑

君の未来に祝福あれ-受験生編-

2010.09.19(Sun)

『クリスチャン』 Comment(0)Trackback(0)
今日、ある教会のAちゃんが洗礼を受けたそうだ。
おめでとう!Aちゃん!
必ず主はあなたのためにみ心の道を開いてくださいます!
God is working for your good!!

pagetop ↑

みことば

2010.09.19(Sun)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、
神のすべての武具を身に着けなさい。

   <エペソ人への手紙6章11節>

pagetop ↑

若者と一緒に記念撮影

2010.09.17(Fri)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
この前の日曜日首都圏の大学に行っているKくんが
久しぶりに教会に来てくれた。

夫は「おおぉ~!」と歓声をあげて喜び
私も早速「Kちゃ~ん、一緒に写真撮って~!」

Kちゃんは笑顔でオジサン、オバサン達と一緒に
写真を撮ってくれた。嬉しかった。
主に感謝します。(M)
             
             100912Kei.jpg

pagetop ↑

娘からのおもてナシ

2010.09.16(Thu)

『家族』 Comment(0)Trackback(0)
今日パートから帰ったら
娘が「今日は私がお父さんに梨をむいてあげたよ!」と
報告してくれた。

夫に確認してみると
「うん、初めてむいてくれた。」と言っていた。
嬉しかったそうだ。

良かったね。お父さん!(M)

pagetop ↑

サタンの攻撃?

2010.09.15(Wed)

『癒し』 Comment(0)Trackback(0)
さっき夫がギターを弾いた後、右腕を回しながら
「サタンがお父さんにギターを弾かせまいとして
攻撃して来よる!」と言った。

夫が言うには、右肩に、五十肩とはまた違う
“今まで経験したことのない変な痛み”があるらしい。
その上、物をつかむだけで左ひじに痛みが走るそうだ。

ひょっとして夫の右肩、左ひじは、私の右手と同じように
“年齢性の関節炎”なのかな?

夫は“主のために攻撃されるに値する者とされたこと”を喜んでいるそうだ。

私は単なる“加齢による関節炎”だと思うんだけど。
どちらにしてもいやしを祈りましょう!(M)

pagetop ↑

“ありがとう”は?!

2010.09.14(Tue)

『感謝』 Comment(0)Trackback(0)
さっき、娘が「あれ取って。」と私に言ったので
私がそれを娘に渡した。

娘が受け取っても何も言わないので、
「『ありがとう』は?!」と娘に言ったところ
すぐ近くで、イヤホーンでオーディオ・プレイヤーを
聴いていた夫が「ありがとう。」と返事した。

私は娘と顔を見合わせて大笑いした。
何も夫にお礼を要求したわけではないのに
「ありがとう」って言うなんて。

きっと神様に言ったんじゃないかな?と
勝手に理解した。(M)

pagetop ↑

ゴスペル・アワーに出場

2010.09.13(Mon)

『賛美隊』 Comment(0)Trackback(0)
今日、長崎の原爆資料館ホールで行われた
ゴスペルアワーとカリスマ聖会に参加した。
ゴスペルアワーには、私たちの教会から1チーム参加させて頂いて
新メンバーのNさんに与えられたオリジナル曲「愛と感謝の日々」を歌った。
賛美隊には、上手に歌うことではなく、魂を勝ち取るスピリットが必要と語られた。
              100912gospel hour1

pagetop ↑

お父さんは爆弾処理班 その2

2010.09.11(Sat)

『食生活』 Comment(0)Trackback(0)
今日パートから帰ってきた妻があわてて台所に行った。
仕事中、或る事を心配していたと言う。
昼に料理した吸い物を冷蔵庫に入れるのを忘れて
パートに出かけたらしい。

コンロの上の鍋を覗くと椎茸、卵、わかめが見える。
実に美味しそうではないか!?
しかしながら、締め切った暑い部屋に、5時間ほど放置されたお吸い物だ。

妻が鼻を近づけてチェックしている。
「うんっ!大丈夫そう!お父さん食べてぇ~!」と勧められた。

首を斜め38度に傾けて頷いた。
思わず御ことばが浮かんだ。
「・・たとい毒を飲んでも決して害を受けず、・・(マルコの福音書16:18)」
信仰の第一歩を踏み出した。
美味しかった。
ああイエス様!感謝します!(E)

pagetop ↑

お父さんは爆弾処理班

2010.09.10(Fri)

『食生活』 Comment(0)Trackback(0)
今日は、妻がパート先から売れ残りのメロンを貰って帰って来た。
既に一口大に切ってある。
透き通る黄緑の果肉が妙に水みずしく美味しそうだ。

「Sちゃんに食べさせようか?!」と弾んだ声で投げかけると
「もう腐る寸前やけん、お父さん食べてぇ~!」と言われた。

覚悟を決めるのに3.8秒ほど時間を要した。
すべてを主イエスに委ね、目をつぶって食べた。

割と美味しかったので全部食べてやった。
主に感謝した。(E)

pagetop ↑

受けるより与える方が幸いである  

2010.09.09(Thu)

『夫婦』 Comment(0)Trackback(0)
さっき、パートを終えた妻を迎えに行った。そして、ささやかな買い物タイム。
「豆腐」「めんつゆ」「醤油」「野菜ジュース」を買ってレジに並んだ。

「お金あるぅ~?」と妻が聞くので、千円札を出した。
かごをカウンターに移してマイバッグへ詰める。

おつりはしっかり妻が受け取り財布に入れた。
いつもの引き算のパターンではあるが、少し割り切れない感じがした。

でも、イエス様が私の肩をポンポンと叩いて
「すべてのことについて感謝しなさい。」と
言っておられる気がしたので
「どうって事なか!」と感謝した。(E)

pagetop ↑

イヤでもヤレばウマくなる

2010.09.08(Wed)

『家庭生活』 Comment(0)Trackback(0)
さっき夫が自分のカッターシャツにアイロンをかけていた。
私よりはるかに上手だった。

「上手になったね~」と褒めると
「もう何年させられよりますかぁ」とのお返事。

きっと料理もヤレば奥さんよりウマくなるよ!絶対(M)

pagetop ↑

佐世保カリスマ聖会

2010.09.08(Wed)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
9/7(火)にI牧師を講師にお招きして行われた聖会は
祝福のうちに終了した。

ペテロの手紙第一 5:6~10から
“敵は人ではなくサタン”と語られた。

私たちは神の前にへりくだって、神にゆだねて、
かたく信仰に立って戦う。

語ってくださった主に感謝します。
    
          ペテロの手紙第一 5章
⑥ ですから、あなたがたは、神の力強い御手のしたにへりくだりなさい。
  神が、ちょうど良い時に、あなたがたを強くしてくださるためです。
⑦ あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。
  神があなたがたの事を心配してくださるからです。
⑧ 身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、
  ほえたけるししのように、食い尽すべきものを捜し求めながら、
  歩き回っています。
⑨ 堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。
  ご承知のように、世にあるあなたがたの兄弟である人々は
  同じ苦しみを通って来たのです。
⑩ あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあって
  その永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたを
  しばらくの苦しみのあとで完全にし、堅く立たせ、強くし、
  不動のものとしてくださいます。

pagetop ↑

お父さんの弱点その2

2010.09.06(Mon)

『親』 Comment(0)Trackback(0)
先日娘が、彼女の職場に
時々野菜や果物を売りに来られる
農家の方から買って来た梨が
まだ冷蔵庫に残っていた。

さっき娘がそれを見つけて言った。
「お父さん!梨があと一つ残っとるよ。
剥いて~!」

夫は「うん。」と言って
早速梨を剥いて娘に食べさせていた。

「“剥いて~”じゃなく“剥いてください”と言いなさい!」と
ビシッと言ってやればいいのにねェ(M)

pagetop ↑

元気なうちに

2010.09.04(Sat)

『救い』 Comment(0)Trackback(0)
今朝、義父から電話があった。
「○○○のおじいちゃんですよ~。みんな元気にしてますか~?」と
元気そうな声で挨拶してくれた。

このところの猛暑で、夏バテ気味の私は
「お元気そうですね。お義父さんは夏バテはしておられませんか?」と質問した。

すると、今年86歳になる義父は
「夏バテ?しとらんね~。毎日元気!元気!」と答えてくれた。

さっき夫と「元気でいてくれてホッとするけど、
元気なうちに早く救われて欲しいね。」と語り合った。(M)

pagetop ↑

みことば

2010.09.03(Fri)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、
これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。

           <ローマ人への手紙8章37節>

pagetop ↑

お父さんの出番

2010.09.02(Thu)

『家庭生活』 Comment(0)Trackback(0)

今朝がた、朝食の準備の為にキッチンに立った妻が「キャーッ!」と悲鳴を上げた。
十五や十六の娘さんじゃあるまいし、黄色い声で
「オトサン!オトサン!」と、いつもとトーンが違う。

原因は大きなクモの出現だった。
家長の権威を示すチャンスとばかりに
私は左手にフマキラー、右手に丸めた新聞を握りしめ、いざ出陣!

足先まで入れると直径10センチほどの割と大きなクモだった。
狙いを定めてフマキラー噴射と同時に新聞紙を振り下ろした。
「仕留めた!」と思ったが、見事に逃げられていた。

お父さんの面目躍如とは行かなかったが
妻は「ありがとう!」と感謝してくれた。(E)

pagetop ↑

みことば

2010.09.01(Wed)

『聖書』 Comment(0)Trackback(0)
神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って
召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて
益としてくださることを、私たちは知っています。

      <ローマ人への手紙8章28節>

pagetop ↑

▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2010 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。