スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

惑わされたお父さん

2010.02.24(Wed)

『家庭生活』 Comment(0)Trackback(0)

昨日は妻からお使いを頼まれた。「ちゃんぽんスープの素」と、「まる天」だ。以前、買うべき物を忘れて怒られた経験があるので、心の中で「丸天、スープ、丸天、スープ・・・」と何度も復唱しながら、いざ店内へ。まず、「チャンポンスープの素」を一袋ゲットした。まず一安心。途中ノンシュガー、ノンカロリーのコーラが目に留まった。我慢しようと思ったが、つい1本買った。成分無調整の豆乳も身体に良さそうなので1本、グレープフルーツもいつもは128円が99円だったので3個買った。ビスケットアイスも目に飛び込んで来たがグッと踏み止まった。偉いぞお父さん!少し歩くと、無脂肪ヨーグルトが消費期限間近で30円引きだったので1箱買った。今日はこれ位にしといてやろうと思ってレジで精算して帰った。玄関を開けたところで、丸天を忘れた事を思い出した。「ああっ!また怒られる!」と覚悟して自白した。意外にも「いいよ、いいよ。」と言われた。何か気色悪かった。私達の人生には多くの誘惑がある。主イエスが何を望んでおられるか聞いて確認しなければならないと思う。(E)
スポンサーサイト

pagetop ↑

県北賛美隊・初めての人前ライブ

2010.02.21(Sun)

『賛美隊』 Comment(1)Trackback(0)
今日、平戸教会の方々と合同で路上ライブをやってきた。佐世保市から九十九島、そして、遠くは平戸まで見渡す弓張岳の展望台下でのゴスペルライブだった。やすらぎ9集から4曲賛美した。頼まれてもいないコンサートを、こちらから仕掛けるには相当の決意が必要だ。天候に恵まれたこの日は、親子連れや老夫妻また若いカップルが 訪れていた。キーボードやPAをセットし始めると2~3人の方がいくらかの距離を置いて「何が始まるのか興味津々」の様子で眺めておられた。どきどきしながら準備を整え、ライブはスタートした。たどたどしい滑り出し。ギターも引っかかりまっかかりで歌うのも忘れて楽譜を追う目がバタフライで泳いでいるのが自分でも分かる。2曲目後半から少し調子が出てきた。3曲目が終わったところで拍手が聞こえた。初老のおじさんだった。「ありがとうございます。」と会釈した。その様子がおかしかったのか正面に陣取っていたご夫妻から笑い声が聞こえた。受け入れられている事が嬉しかった。3曲目あたりから女性陣のハモリが冴え始めた。私も落ち着きを取り戻し、唄わなければと思って少し唄い始めたが、せっかくの美しいハモリを妨害しそうだったのでギターに専念することにした。あっという間に終わった。さっきのおじさんから大拍手を貰った。質問が飛んできた。「うまいですねぇ!プロの方ですかぁ?」・・・「いやぁ違います。ただのおじさんとおばさんのサークルです。」と答えてしまった。「もっと言い様があったなぁ」と少し後悔した。最後に「頑張って下さい。」と声を掛けられた。神様から頼まれていた“初めてのお使い”は、あっと言う間に終わった。元気が出てきた。(E)

pagetop ↑

主にすがるかれに悩みはなし

2010.02.18(Thu)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
 先日、母と少し話をする機会があった。1月に息子が母のところに遊びに行った時に、結構長い時間をかけて息子がマッサージをしてくれたらしい。「○○くんはマッサージが上手ね!プロより上手やった!」と喜んでいた。
 「○○くんは大丈夫よ!」といきなり言いだしたので、何のことかとよくよく聞いてみたら、どうやら母は息子の人生は大丈夫と思っているらしい。息子は母の体をマッサージしている間中、神様のことを話していたらしく、母は「あれだけ神様にすがっている○○くんに、神様は良くしてくださらないはずはないよ!」と断言していた。私は母が口にしたこの単純明快なセリフを聞いて、神様からの語りかけを受けた気がした。(M)

pagetop ↑

テレンパレンデーからの解放

2010.02.14(Sun)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
 先日、勤め先の女子社員2人からチョコレートを貰った。糖尿病の私は、別に欲しかった訳じゃないし、期待していた訳でもなかったが、かなり上等そうなパッケージだったので、思わず「コリャー!義理チョコじゃなかごたるねぇっ!?」と突っ込んだら、しっかり「いやっ、義理チョコです!」とはっきり言われた。それでショックを受けるほどの歳でもないのでどうって事はないのだが、ただ、彼女らが世の悪習慣から解放され、救われて欲しいと思った。(E)

pagetop ↑

冬のハクーバーキャンプ

2010.02.13(Sat)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
   今日からバンクーバーオリンピックが始まった。私たちの教会でも2月25日~27日、長野県白馬においてスキー、スノボーコースもある賜物特訓キャンプが行われる。賜物を通しての心や身体の病のいやしも起こるキャンプだ。聞くところによると、九州のある地域から80歳代のご年配の方々も参加されるそうだ。冬の白馬キャンプはこちら

pagetop ↑

本体は何処へ

2010.02.10(Wed)

『家庭生活』 Comment(0)Trackback(0)
  先日、冷蔵庫を開けると大きな魚が丸ごと有った。どうしたのかと妻に聞くとある方から頂いたと言う。翌日、夕食にそのアラが出された。かなり大きかったのでアラでも食べ応えがある。明日あたり「本体」が出て来るかと楽しみにしていた。されど翌日、最後まで食卓に上らなかった。生ものだから早く食べた方が良いのにと、妻に尋ねた。答えは「ああ・・もう○○○ちゃんに食べさせたよぉっ!」・・・「逃した魚は大きい」とはよく言ったものだ。ほんとに信じられるのはイエス様だけだと思った。(E)

pagetop ↑

奇跡の数値

2010.02.07(Sun)

『健康』 Comment(0)Trackback(0)
  先日、パート先の会社で保健指導員による健康指導があった。健康診断後の結果を基に行われるものだ。私はその指導員の方から「糖尿病で薬も飲まずにこの数値を保っておられるのは感心ですね。」と褒められた。食事制限とウォーキングで数値をキープしていくのはかなり難しい。最近は駄菓子もよく食べるし、ウォーキングもサボりがちだ。にもかかわらず血糖値の数値を基準値内にキープできているのは奇蹟である。いやし主であられるイエス様のみわざ以外の何ものでもない。(E)

pagetop ↑

殉教聖会

2010.02.06(Sat)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
   昨日長崎で行われた二十六聖人殉教記念聖会は、全国から約300名弱の方々が一堂に会し、主の臨在の中、賛美やメッセージがなされ大変祝福されました。音声映像はこちらから。

pagetop ↑

日本二十六聖人殉教記念聖会

2010.02.05(Fri)

『教会』 Comment(0)Trackback(0)
今日2月5日は今から413年前に長崎の西坂で二十六聖人が殉教した日です。二十六聖人記念殉教聖会が長崎市のチトセピアホールにて午後6:30から行われます。又インターネットでオンタイムで配信されます。是非ご覧ください。
神のしもべ長崎教会のホームページ

殉教記念聖会オンライン同時配信

pagetop ↑

肉じゃが

2010.02.04(Thu)

『家庭生活』 Comment(0)Trackback(0)
先日冷蔵庫を開けた時、私の記憶では、作られてから3日ほど経っていたと思われる「肉じゃが」が目に入った。妻に尋ねた。「この肉じゃが、まだ食べらるとね?」妻は「うん、大丈夫よぉ!」と答えた。私は半分ほど食べて冷蔵庫に戻した。10分後、今度は娘が冷蔵庫を開けて「お母さん、この肉じゃが食べていい?」と聞いていた。妻は「ダメッ!やめとった方がいいよぉっ!」と答えていた。やはり信じられるのはイエス様だけだと思った。(E)

pagetop ↑

お父さんのバスタオル

2010.02.02(Tue)

『未分類』 Comment(0)Trackback(0)
ついこの前まで、風呂上がりにフェイスタオルで体を拭いていた私にもやっとバスタオルが与えられた。風呂上がり連続3回半ぐらいは使えそうな大きさで、分かり易く言えば京間の畳1枚ほどもあろうか?もっと言えば胸から巻いて、内股で歩いても膝までかかる大きさだ。大変気に入っている。でも、イエス様のすべてを包む大きな愛に比べれば、微々たるものである。(E)

pagetop ↑

▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2010 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。