スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

仕事

2012.05.29(Tue)

『男の責任』 Comment(0)Trackback-
今日の仕事は辛かった。5月末とは言え、太陽の日差しは容赦なく体力を奪い去る。
私はパートの身分なので、その日、言い渡された仕事に対しては従順に従わなければ
ならない。昔”3K”という言葉が有った。きつい、危険、汚いの三つのKである。
しかしながら、戦争時代の捕虜の境遇に比べれば、日当は貰えるし、休み時間は
ちゃんと与えられているし、恵まれた境遇だ。額に汗して稼いだお金の中から、
その「十分の一」を神の働きのために献金できる恵みを胸に、主に感謝しつつ、
頑張った。何だか元気が出てきた。(E)
スポンサーサイト

pagetop ↑

お父さんの十字架

2012.04.12(Thu)

『男の責任』 Comment(0)Trackback(0)
昨日の朝、居間で画鋲を踏んだ。
私はよくビョウを踏むタイプの人間のようである。

その前の夜は、たまたま立ち寄った娘も、
妻も頻繁に歩いたコースなのに、よりによって私が踏んだ。

何故、こんな所にビョウが落ちているのか?
いつから落ちていたのか?なぜ娘も妻も踏まなかったのか?
不思議でたまらない。

家族の歴史が始まってこの様な事、少なくとも3回はある。
その都度、妻や娘が踏まずに良かったと感謝している。

これくらいの十字架なら、いくらでも負える。
ああ!イエス様の十字架をありがとうございます。(E)

110910niji.jpg

pagetop ↑

お父さんの背中

2010.08.27(Fri)

『男の責任』 Comment(0)Trackback(0)
今日の仕事は辛かった。300坪ほどの広さの駐車場に、10数年の年月を経て堆積した泥をスコップで救いあげ土納袋に入れる作業だった。掛かる前は楽勝だろうと予想していたのだが、ところがドッコイ、アスファルトの下から這い上がって来た雑草の枝とかつる等が縦横無尽に根を張っていてそう簡単にはすくい上げられない。足を踏ん張って何回もスコップを差し込んで一すくい出来る困難さであった。容赦なく照りつける太陽の下では汗が滝のように流れ落ちて、急激に筋肉疲労が襲う。一すくいして一休みの繰り返しだ。止めて逃げて帰りたい衝動に駆られる。しかし、家族を養う為にはそんな無責任は許されない。聖書に出て来る、朝から焼けつく日差しの下で一日中働いた者たちの気持ちが良く分かる。今、南米のチリでは地下700メートルのシェルターで必死に救出を待っている男たちがいる。太陽の光の下で好きなだけ空気が吸えて、冷たいジュースだって飲める。祝福されている環境に“あぐらをかいて”いた自分に気が付いた。
イエス様、どうか彼らを助けて下さい。一日一日、イエス様からの平安に満たされ救出の時まで忍耐できるように助けて下さい。主イエス・キリストの御名によって祈ります。(E)

pagetop ↑

▼ プロフィール

中高年賛美隊

Author:中高年賛美隊
FC2ブログへようこそ!

▼ 最近の記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリー
▼ FC2カウンター
▼ FC2ブログランキング
▼ ブロとも申請フォーム
▼ ブログ内検索
▼ RSSフィード
▼ リンク

pagetop ↑

Copyright © 2017 中高年賛美隊 all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。